暮らしを豊かにするデザインを生み出す

ライフクリエイションコースでは、雑貨などの生活用品や家具、インテリアまで、暮らしを豊かにするデザインを横断的に学びます。すぐれたデザインを生み出すには、平面、モノ、空間を見わたす思考と、具体的に表現伝達できる力が必要です。そのため、表現の基礎となる描写力や造形力をきたえるとともに、プロダクト、空間、グラフィック、エディトリアルなどの幅広いデザインを学修。産学連携プロジェクトも積極的に実施し、商品を企画・デザインする力や、アイデアを社会に提案する力をみがくほか、伝統工芸の企業から技法や素材を学ぶ実習などがあります。幅広い学びで独自の視点を得て新たなデザインを生み出す力をやしないます。

科目PICK UP

  • 漆や竹などの伝統工芸に挑戦。日本のものづくりを体験する。

    [工芸/1年]
    漆、鍛金、竹などの伝統工芸について学習します。つくり手と使い手の立場を意識しながら制作に取り組み、工芸の基本的な技術を習得。ものづくりの基本や素材の性質を、手を動かしながら学びます。漆を乾燥させる室(むろ)など、充実した施設を活用します。

  • フランスの学生と共同作業を。制作スタイルの違いから学ぶ。

    [ワークショップ実習/1~4年]
    リモージュ国立高等美術工芸学校の学生とワークショップを行います。2019年は両国の学生がチームを組み、リモージュ現地のセラミックを活用し食卓を デザインしました。企画の立て方や作業の進め方など、制作スタイルがまったく異なる者同士が協力し、学び合います。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    描写力と造形力を身につける。

    1年次は描写力をやしなうため、植物などをモチーフに100 枚ものスケッチを行う授業や、伝統工芸の企業から加工技術などを学ぶ授業に取り組みます。デザインの基礎を学ぶと同時に、社会との関わりのなかで実践力をみがきます。日常生活のなかで抱えている課題を発見し、その課題を解決するためのアイデアを家電製品などのかたちにしていきます。プロダクトデザインのプロセスを実体験から学び、デザイナーに必要な視点や考え方を身につけます。

  2. 2年次

    SECOND

    産学連携プロジェクトで商品化をめざす。

    2年次では平面・立体デザインの応用を学んでいき、自由な発想をかたちにする力をやしないます。後期はブランディングを実践するプロジェクトに挑戦。自分たちで商品を企画・デザインすることで、商品化への視点をみがきます。

  3. 3年次

    THIRD

    将来の可能性を広げる専門的な学び。

    3年次では将来の進路や興味・関心に合わせてプロジェクト型の授業を選択。雑貨やパッケージ、ブックデザイン、家具や店舗の設計、企業とのコラボレーションなど、実際の仕事を想定した課題に取り組み、デザイン力を実践的に育みます。

  4. 4年次

    FOURTH

    生活をより楽しく、豊かにする作品を生み出す。

    ゼミごとに卒業制作に取り組みます。デザインの準備段階として、対象となる社会や生活の調査・分析を実施。現在の暮らしを見つめ、未来を考えながらデザインすることで、ハイレベルな作品づくりをめざします。

4年間で身につく能力

  • アイデアを形にする描写力と造形力
  • 暮らしを豊かにする商品を企画・提案する力
  • 伝統工芸や多様な素材を扱う技術

作品

施設

木工室では、椅子などの家具を制作する学生から、木製の雑貨をつくる学生までさまざま。

PICK UP!

  • コンピュータがならぶCGラボでは、CADやDTPなどのスキルの習得にも活用。

  • 金属を扱うための金属加工室には、旋盤やパイプカッター、大型の吸気フィルターを完備。

卒業後の進路

平面から立体までをデザインできる造形力や、パソコンによる製図、CAD、DTPなどのスキルを4年間で習得。同時に、新しい価値観やライフスタイルを提案できるプロデュース能力をやしないます。その結果、家具や照明、雑貨やブックデザインのデザイナーとして多くの卒業生が活躍しています。
  • 家具や照明のデザイナー
  • 雑貨やクラフトのデザイナー
  • 二級建築士の資格をもつインテリアデザイナー
  • パッケージやエディトリアルのデザイナー

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 中学校教諭一種免許状 (美術)
  • 二級建築士受験資格(卒業時に受験資格)
  • 木造建築士受験資格(卒業時に受験資格)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 大津 鞠花さん在学生

    「表現」は、誰かの心に種を届ける行為。

    インテリアや文房具、雑誌のデザインなど幅広く興味があったわたしにとって、そのすべてに取り組むことができるライフクリエイションコースはいちばんの選択でした。幅広い授業を通じて発見した最大の関心は「ことば」に関する表現。きっかけは、授業での課題作品のプレゼンテーションでした。もともと人前で話すことには苦手意識があったのですが、時間をかけて作品制作に取り組むうちに、その魅力をしっかり人に伝えられるようになりたいと思うようになったんです。まずは自分の作品について徹底的に分析し、制作動機やデザインの理由を言語化しました。あわせて、説明する際はユーモアも交えて聞きやすい雰囲気もつくれるよう工夫。その結果、複雑なコンセプトも「おもしろい」と感じてもらうことができました。そこから「ことば」への関心を深めるようになり、卒業制作では昔の話し言葉を分析し、カードゲームに展開した作品を制作する予定です。私にとって「表現」とは、誰かの心に種を届ける行為。受け取った人がその種を自分なりに育て花を咲かせ、楽しく豊かになってほしい。これからも自分の好きなことを大事にしながら、ものづくりや表現に関わっていきたいと思っています。