求められるデザインで人をつなぎ、社会を変える

プロダクトコミュニケーションコースでは、身近な日用品から家電、乗り物など、人の生活や社会を支える工業製品をつくり出し、明るい未来をつくる次世代の工業デザイナーを育てます。授業では、デザインの基本となる素材やかたち、機能を学ぶ実習をはじめ、使う人のニーズをつかむためのリサーチやアイデアを生み出すプログラムなどを実施。さらに3 DCAD や3 Dプリンターなど、最新鋭の機材を扱うスキルも身につけます。また、企業や行政機関とのコラボレーション授業が多いのもプロダクトコミュニケーションコースの特色です。実社会で働く人たちとの協働から、社会に求められるデザインを理解し、商品企画などを念頭においた総合的なプロデュース力をやしないます。

科目PICK UP

  • まったく新しい「足袋」とは?ビジネスを意識して商品を開発。

    [基礎デザイン3/2年]
    足袋メーカーとの連携授業です。日本の伝統的な履物「足袋」の新しい価値を創造することに挑戦します。目標は、単に商品の形をつくるのではなく、ビジネス全体を見渡してデザインをすること。試作と検証を重ね、説得力のある商品提案をめざします。

  • 企業との連携授業で、インタラクションデザインを考える。

    [プロダクトコミュニケーション1D/3年]
    計測機器や医用機器などをつくる企業との連携授業です。テーマは「インタラクションデザイン」。人や社会とつながるデザインについて考えます。会社見学や社員とのディスカッションを行った後、出題されたテーマに沿った商品を開発・提案します。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    平面・立体の造形とデザインの基礎を学ぶ。

    1年次は平面・立体の基礎造形力を身につけます。製品のデザインに必要な製図や、紙を使った立体物の制作に取り組むほか、グラフィックソフトの基礎的な操作スキルも修得します。

  2. 2年次

    SECOND

    本格的な製品デザインに取り組む。

    2年次は日常生活のなかで抱えている課題を発見し、その課題を解決するためのアイデアを家電製品などのかたちにしていきます。プロダクトデザインのプロセスを実体験から学び、デザイナーに必要な視点や考え方を身につけます。

  3. 3年次

    THIRD

    社会の課題を解決するデザインを学ぶ。

    3年次では興味・関心や将来の進路にあわせて、スポーツ用品のデザインやアイウェアデザインなどのプロジェクト型授業を選択して学修します。人間工学と道具との関係性や素材選び、加工、プロモーションまでを実践的に学びます。

  4. 4年次

    FOURTH

    未来の社会をつくり出すものづくりを行う。

    4 年間で身につけた使う人のことを考えてデザインする力を活かし、卒業制作に取り組みます。これまでに学んだ分野から追究したいものを選んで徹底的に突き詰め、未来を快適なものに変えるものづくりを実践します。

4年間で身につく能力

  • アイデアを現実にする発想力、スケッチ力、造形力
  • 利便性と美しさを兼ね備えた形を生み出す力
  • 社会や暮らしから課題を見つけ出す力

作品

施設

アイデアをかたちに落とし込むためのモデリング室。石こうを扱う授業などで使います。

PICK UP!

  • 3Dプリンタやレーザー加工機などが完備された先端加工室。

  • セラミック室には、かたちをつくるためのロクロや、焼成のための窯が備えられている。

  • 学年ごとに設置された実習室でも授業を行う。

卒業後の進路

プロダクトデザイナーとして大手企業で活躍する卒業生が多いプロダクトコミュニケーションコース。4年間で身につけた知識と技術が社会から高く評価されています。プレゼンテーションに力を入れているため、企画力、自己プロデュース能力が身についているのも、このコースの学生の強みです。

  • 家電、生活用品、眼鏡などの企業に所属する工業デザイナー
  • 企業の新商品戦略を考える商品企画担当者
  • 市場動向の調査・分析などを行うマーケッター
  • デザイン事務所に所属し、商品開発にたずさわる工業デザイナー
  • 商品開発全体をコントロールするデザインディレクター

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。 その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • 高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書

VOICE

  • 喜田 宗二郎秀信さん在学生

    プロから学んだ4年間が僕の世界を変えた。

    絵を描くことが好きで漠然と芸術大学に憧れを持つなかで、プロダクトデザインの分野を知りました。自分のつくったもので誰かの暮らしを豊かに変える、そんな仕事に魅力を感じてこのコースを選択。授業は知らないことばかりで非常に刺激的でした。ひとつの製品が企画から商品化されるまで、いかに多くの人が携わり、細部まで意図されてつくられているか、プロのデザイナーとして活躍する先生方が一から教えてくれます。プロダクトデザインは、見た目だけを考える仕事ではありません。製品がどのようなシーンで使われるのか、人の暮らしや社会背景を読み解き、ニーズを掘り起こすことから始めます。難しそうに思われることもありますが、知識を得ると新しい世界がどんどん広がって、とてもおもしろいんです。アイデアが煮詰まったときに助けてくれたのは、大学で出会った友人たち。マンガ学部の友人は「空を飛ばしてはどうか」など夢のあるアイデアで、凝り固まった考えをほぐしてくれました。卒業後はペット用品メーカーのデザイナーとして就職します。家族の在り方が変容する現代社会において、ペットとどう向き合っていくか、プロダクトを通じて提案することがいまから楽しみです。