読み物

人間環境デザインプログラム教員のウスビ・サコによる「毎日小学生新聞」連載コラム、第10回目が掲載

人間環境デザインプログラム教員で全学研究機構長のウスビ・サコによる、連載コラム記事「サコ先生のなんでやねん」の第10回目が、1月8日(日)に発行された「毎日小学生新聞」にて掲載されました。
 
 
連載10回目のタイトルは「伝統的な行事に参加しよう」。
サコは、イスラム教徒が祭りの中で一番大切にし、もっとも盛大に祝う新年の「犠牲祭(イード・アルアドハー)」を紹介。ヒツジ1頭をささげものにし、この日のために集まった家族や親戚、友人、そして近所の人たちとヒツジ肉を分け合い、お互いをもてなし合うと言います。
サコは、人と人との繋がりは「伝統的な行事や祭りによって保たれていることは世界共通」だと述べ、伝統行事が途絶えぬよう「積極的に意味を理解して、参加する」ことが重要だと語っています。
今回の本連載記事の挿絵は、京都精華大学マンガ学部カートゥーンコース4年生の奥川留衣さんが担当しています。
「毎日小学生新聞」は、1936年に創刊した、日本で最も歴史のある小学生向けの日刊紙です。これまでマンガ家の手塚治虫氏や松本零士氏など、著名な作家や文化人が数多く執筆してきました。
 
ウスビ・サコの連載は、毎月第2週の日曜日に掲載される予定です。ぜひ次回も続けてお読みください。

ウスビ・サコ  Oussouby SACKO

人間環境デザインプログラム教員、全学研究機構長、アフリカ・アジア現代文化研究センター長、情報館長  
1966年アフリカ・マリ共和国生まれ。 2001年に京都精華大学人文学部教員に着任。2013年から人文学部学部長を務めたのち、2018年4月から2022年3月まで京都精華大学学長を務める。専門は空間人類学。著書に『アフリカ出身 サコ学長、日本を語る』『ウスビ・サコの「まだ、空気読めません」』『「これからの世界」を生きる君に伝えたいこと』など。

お問い合わせ先 CONTACT

京都精華大学 広報グループ

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197
Fax:075-702-5352
E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp

※取材いただく際は、事前に広報グループまでご連絡ください。

SHARE