障害学生支援 Support for Students with Disabilties

CAMPUS LIFE

障害学生支援室では、障害があるなどの理由により、修学上何らかの支援が必要な学生の相談に応じ、必要に応じた修学支援をおこなっています。
困りごとはあるけれど、必要な支援が具体的に分からない場合も、ぜひ相談してください。
一緒に考えていきましょう。

支援の内容について

以下は支援内容の一例です。個々の状況や授業内容に沿って検討していきます。

聴覚障害

  • ノートテイク、パソコンテイク
    授業の内容やその場で起こっている音を文字にして伝える
  • 映像教材文字起こし・字幕付け
    授業で使用される映像教材の音声を文字にし、映像に字幕をつける
  • 手話通訳
    話の内容やその場で起こっている音を手話に、また手話を音声に変換して伝える

視覚障害

  • テキストデータ化
    墨字の文字情報を電子データに変換し、読み上げソフトで正しく読むことができる情報に校正する
  • ガイドヘルプ
    教室間の移動における歩行介助
  • 教科書・授業レジュメ、試験問題の点訳
  • 対面朗読
  • レジュメの拡大コピー

肢体不自由

  • 車両の入構および駐車許可
  • 教室変更、専用机の配置などの環境調整
  • 代筆など必要に応じた授業サポート

発達障害、精神障害、病弱・虚弱 など

  • 必要に応じた面談(履修相談・進路相談・スケジュール管理など)
  • 学生の状況に合わせたサポート

支援制度を利用するには

  1. 初回相談
    障害学生支援室に相談をしてください。専任のスタッフが面談をおこないます。
  2. 支援制度に登録
    「障害学生支援制度利用申請書」等を提出していただきます。申請内容を元に、学生本人、障害学生支援室、学部・研究科などの関連部署で話し合い、必要な支援の内容を検討します。
  3. 支援開始
    必要な支援の内容は、授業内容や環境によって変わることが多くあります。
    状況に応じて面談の機会を持ち、適切な支援方法を考えていきます。
※各々の学期を順調にスタートするために、学期開始までに相談していただくことをお勧めしています。
なお、学期途中での相談も随時受け付けています。

学生サポーターとは

ノートテイク、パソコンテイク、ガイドヘルプなどの支援において、京都精華大学でともに学ぶ学生が、学生サポーターとして活躍しています。

障害学生支援室では、学生サポーターを募集し、養成講座等を開催しています。
興味のある方は、ぜひ障害学生支援室までご連絡ください。

学生サポーター募集について

学生サポーターとしての活動には、事前に講習や指導を受ける必要があります。

ノートテイク/パソコンテイク
  1. テイカー養成講座(初級講座および実践講座)を受講
    ※定期開催:春期・秋期の2回、在学生に向けて募集案内をお送りします。
  2. 活動登録・模擬テイクを実施

映像文字起こし・字幕つけ  
  1. 講習会を受講する ※不定期開催
  2. 個人練習、添削を複数回実施後、登録

その他のサポート
 一定の指導を受け、要件を満たした後に業務に従事していただきます。
 
学生サポーターの活動は有償(アルバイト)です。
登録後の業務につきましては、下記の金額をお支払いします。

学部生

大学院生・社会人

時給950円

時給1000円

学生サポーターの活動について

定期・単発の支援活動

学期ごとに活動可能時間の登録をしていただき、必要に応じて障害学生支援室から依頼します。

レベルアップ練習会

復習やスキル向上、ネットワークづくりを目的として、不定期に開催します。

利用学生と学生サポーターのミーティング

お互いのことを知り、コミュニケーションを深めるための交流を年に3回ほど実施します。
学生サポーター登録後のメール等で案内をお送りします。

障害学生支援の理解・啓発

活動やミーティングなどで集まった学生が発起人となり、障害学生支援室の紹介や学生サポーターの募集のために、アニメーションを作成しました。ぜひご覧ください。
※2018年当時の体制に基づき作成されたものです。

しえんしつ!


しえんしつ!2

障害やノートテイクをテーマに、障害のある学生と学生サポーターが考案し、教員等の協力を得て作成したマンガ作品です。
ぜひご覧ください。
表紙の画像をクリックしていただくと専用のビューワで閲覧できます。

 
Internet Explorer9など、古いバージョンのブラウザをご利用の方は以下のPDFファイルでご覧ください。
PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。プラグインをお持ちでない方はコチラからソフトをダウンロードしてください。
※作品内の表記について
2019年度より障害学生支援担当部署の名称を、従来の「障がい学生支援室」から「障害学生支援室」とし、漢字表記を改めました。
これは、2018年11月に本学が定めた「障害学生支援に関する基本方針」を策定するにあたり、建学以来の障害学生支援に対する基本姿勢を点検・再考したことに基づいています。
作品内で「障がい学生支援室」という表記がありますが、以上のことをご了承ください。   

施設・設備

設備項目

設置箇所

みんなのトイレ
(多目的トイレ)

本館1F・3F、体育館、友愛館、悠々館1F・2F、情報館2F、黎明館2F、清風館1F、流渓館1F、対峰館1F、自在館B1F、春秋館1F、5号館、7号館2F・3F、風光館

優先駐車場

春秋館下

点字プレート等教室表示

情報館、黎明館、清風館

点字ブロック

各館出入口

階段補助手摺

遠友館下の階段、黎明館(池の前)階段、春秋館

エレベーター

本館、友愛館、悠々館、情報館、黎明館、清風館、対峰館、自在館、7号館、風光館

スロープ

体育館入口、悠々館、黎明館、清風館、流渓館西側出入り口、対峰館、自在館B1F、春秋館、5号館