発想力と技術をみがき自分だけの表現を手に入れる

芸術学部では、1年次は特定の専攻に所属せずに、共通カリキュラムで観察力や思考力を鍛え、視野を広げます。また7つの専攻(洋画・日本画・立体造形・陶芸・テキスタイル・版画・映像)から好きな分野を選んで体験することができます。2年次からは専攻に所属し、専門を深めていきます。4年次には集大成として卒業制作に取り組みます。発想力と技術をみがき、自分だけの表現を手に入れましょう。

1年次共通教育

芸術学部のカリキュラムの特徴は「2年進級時に希望の専攻を選べる」ことです。入学して1年間は、専門性に閉じるのではなく、領域を横断的に学ぶ教育機会を重視。ものの見方を多角的にとらえる機会を増やし、自分では気づかない適性や可能性の発見と、間違いのない専門選びができます。

芸術学部について

自分らしい表現を手にするための豊かな制作環境

芸術学部の7つの専攻には専用の工房やスタジオ、機材があり、その充実ぶりは全国の芸術系大学でもトップレベル。制約を受けることなく、自由な発想で作品制作に打ち込むことができます。