発想力と画力を鍛え、1枚の絵でメッセージを伝える

高い画力と独自の発想力で、自分の世界観を1枚の絵に表現する能力を身につけます。そのために、1年次の夏休みに動物園で「500枚クロッキー」に挑戦するなど、ひたすら描きつづけることで徹底的な画力アップをはかります。加えてカートゥーンの基本である風刺とユーモアのセンスをみがくため、批評的な視点で「時代」を切り取り表現するトレーニングも実施。3年次からは「カートゥーン」「絵本」「アート」の3つのクラスに分かれ、より深く表現を追求。独自の世界観と高度な表現力を兼ね備えた卒業生たちは、風刺マンガ・絵本・ゲーム・広告・アニメーションなど、幅広い分野で活躍しています。

科目PICK UP

  • 基礎画力を磨く伝統の授業。500枚のクロッキーを描く。

    [絵画技法1/1年]
    カートゥーンコースの伝統授業。夏休みに最低500枚のクロッキーを仕上げます。動物園の動物や、駅を行き交う人の姿を何枚も描き、観察力や描写力を磨きます。描けば描くほど画力は伸びるので、取り組めば夏休みの後に大きな成長が実感できます。

  • 風刺マンガの表現技法を学ぶ。ショート絵本の制作にも挑戦。

    [風刺画2M/2年]
    単なる似顔絵とは異なる「カリカチュア(風刺マンガ)」について、表現技法などを中心に学びます。授業では、自分の感性を生かしながら、実在する人物の特徴やニュースのポイントをとらえた絵を制作。最終的には4ページ程度の絵本をつくります。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    すべての基礎となる画力と観察力をみがく。

    1年間を通じて基礎となる画力を上げるためのトレーニングを繰り返します。最低500 枚が課題となる夏休みの動物園での動物クロッキーや、人物デッサンの蓄積は進級制作作品にはっきりとあらわれて自分の成長を確認できます。ネーム(マンガの絵コンテ)づくりを重点的に学びます。

  2. 2年次

    SECOND

    本格的なカートゥーン制作をスタート。

    1年次でつちかった画力をもとに自分なりの表現方法を探ります。多様な画材や画法を体験しつつユーモア表現の基本構造を学びながら自分の想いや主張を1枚の絵に盛り込んでゆく力をつけます。

  3. 3年次

    THIRD

    少人数ゼミで独自の画風を確立。

    自分自身の表現方法を探るなかでコースの教員のゼミに分かれ、それぞれの教員の指導のもとにさらに自分の作品世界を広げていきます。教員からより密な指導、助言を受けながら作品を制作し卒業制作につないでいきます。

  4. 4年次

    FOURTH

    少人数ゼミで独自の画風を確立。

    自分自身の表現方法を探るなかでコースの教員のゼミに分かれ、それぞれの教員の指導のもとにさらに自分の作品世界を広げていきます。教員からより密な指導、助言を受けながら作品を制作し卒業制作につないでいきます。

4年間で身につく能力

  • 絵画表現の基礎となる画力
  • 社会や時代を見通す洞察力
  • 独自の世界観を構築し、表現する力

作品

施設

  • 対峰館にある実習室。各回生ごとに教室があり段階に応じた課題に取り組みます。

  • カートゥーンギャラリーでは学生作品のほか、プロの作家によるマンガ作品が展示されています。

教員

非常勤講師

  • 石橋智香 / イラストレーター・ファッションデザイナー(担当:基礎デジタル演習)
  • 名知聡子 / 画家(担当:カートゥーン1・2、自由制作、卒業制作実習、卒業制作)

卒業後の進路

描く対象を早く的確にとらえる圧倒的な画力を武器に、マンガや絵本の作家として活動をつづける卒業生が多くいます。それだけではなく、その表現力とユーモアセンスを活かしてデザイナーとして就職する学生も。身につけた力はさまざまな分野で活かせます。 

  • イラストレーターや絵本、コミック作家として活躍
  • メッセージの表現力を活かしたデザイナー
  • たしかな画力と表現力をもつアーティスト
  • きたえた描画力をもったアニメーター

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
 
  • 高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 中学校教諭一種免許状 (美術)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 吉田 雪美さん在学生

    目標は絵本作家。多くの人を笑顔にする作品をつくりたい。

    絵本作家は幼い頃からの夢です。高校時代、絵本の原画展へ行ったとき、魅力的なキャラクターをいろいろな画材を使って描いた作品に一目ぼれしました。その作家さんがカートゥーンコース出身と知り、自分も同じ環境で学びたいと考えて入学を決めました。1年次のときは動物園でクロッキーをしたのですが、全然うまく描けなくて。悔しくて何度も通って練習し、学内の資料も活用して研究を重ねました。するとだんだん、自分の描くキャラクターが動きのある生き生きとしたものになってきたんです。努力は必ず自分の力になるんだ、と実感しました。他に参考になった授業は「動態描写」。「走る」などの課題を与えられ、自分のキャラクターでその動きを表現するもので、骨格や筋肉の動きについてアドバイスをもらえます。2年次に受けた、テーマに沿って風刺を入れた絵を描く「風刺画」の授業も印象に残っています。毎回、先生の発想が面白く、学生同士で作品について意見を言い合う合評も勉強になりました。ここで学んだ3年間は、「こんな発想の仕方があるんだ!」という発見と驚きの連続でした。将来は学んだ表現を活かし、大勢の人を笑顔にするような絵本作家になりたいです。