社会全体をデザインできる「建築家」になる

価値観が多様化し、個人の生活に個性があらわれるようになった今、これまで以上に暮らす人や利用する人に寄り添ったデザインが建築に求められています。「建築家の育成」を目標にする本コースでは、建築家とはあらゆる場所や空間を総合的にデザインできる人だと考えています。住宅設計をはじめ、伝統建築から先端建築まで多角的かつ多面的に理解を深め、家具やインテリア、まちづくりのデザインについても学びます。現役の建築家でもある教員たちから、実際の現場で必要とされる建築哲学や思考法、問題を解決するための技法を間近で吸収することができます。

科目PICK UP

  • 建築の基本を英語で学習。グローバルに活躍する力を養う。

    [設計基礎2/1年]
    建築設計の基礎を学びます。用途、敷地、スケール、人間関係などの条件に合わせた空間を構想し、それを構築する力を身につけます。国内外で幅広く活躍する力を得ることを目標に、講義、課題、プレゼンテーション、講評、すべてを英語で行います。

  • 平面のコラージュ作品を立体にしたら?スケール感覚を鍛える。

    [設計基礎4/2年]
    教室の中の巨大なスプーン、浴室いっぱいの定規など、風景の中に異物を入れるコラージュ作品をつくり、後にそれを空間作品に展開させます。対象物のスケールを頭の中で大小に変動させてとらえる力や、想像力、企画構築力などを身につけます。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    空間デザインの基本を身につける。

    1年次は、人と空間の関係性を理解して空間をデザインするための基本をあらゆる側面から学びます。後期には英語による授業もスタート。国際的な視野や、英語でのコミュニケーション能力の獲得をめざします。

  2. 2年次

    SECOND

    常識を打ち破る、想像力をきたえる。

    建築をデザインするということは、ただ建物を建てるということではなく、そこに暮らす人のことを考えて設計を行うことが重要です。そのため、2年次には、「鳥のように暮らす人間がいる都市」といった極端な環境における建築を考え、想像力をきたえる授業に取り組みます。さまざまな視点から、空間や建築のデザインを考える1年間となります。

  3. 3年次

    THIRD

    社会の問題を建築で解決。

    この学年から、より実践的なプログラムが登場します。教員主宰の建築スタジオに所属し、プロさながらの環境で学ぶ「スタジオ制」で取り組みます。また、作品の公開審査会を開催。学生たちが著名な建築家やデザイナーを招いて作品の講評をしてもらいます。

  4. 4年次

    FOURTH

    ひとりの建築家として作品を制作。

    3年次に引きつづきスタジオに所属し、これまでに学んできた建築の知識やスキルを活かして卒業制作に取り組みます。建築を通して社会の課題を解決することを学んできた集大成であり、卒業後の方向性を探す場でもあります。

4年間で身につく能力

  • 人間の身体、空間、建築、都市に関する知識
  • 現実社会の問題に対する企画力と実践的な表現力
  • 世界に通用するデザイン力とコミュニケーション能力

作品

道祖神に集いつながる』 / 4年生 / 木下 広香

『Connect City』/ 4年生 / 山本 和生

『CUT RED BRICK』/ 2年生 / 安井 友哉

施設

木材や金属、樹脂など多様な素材を加工できる工房「究明館」。

PICK UP!

  • 実習室には図面や模型がならび、建築事務所さながらの雰囲気。

教員

非常勤講師

  • 小笹泉 / 建築家(担当:設計基礎3A )
  • 有馬 徹 / アートディレクター・デザイナー(担当:仮想空間論)
  • 寺尾文秀 / 建築造作家(担当:コンピュータ演習1A・2A)
  • 後藤直子 / 建築士(担当:建築法規演習A・R、施工演習A・R)
  • 川崎浩子 / デザイナー(担当:近代空間論、インテリアデザイン論)

卒業後の進路

建築家として必要な知識と技術とともに、新しい社会や人の暮らしをつくり出す発想法や考え方がみがかれる建築コース。建築士の資格を取得し、建築事務所に就職する人、またクラスメイトらと一緒に建築事務所をたちあげる人が多いのが、このコースの特徴です。

  • 住宅から商業施設、都市までを設計する建築家
  • インテリアデザイナー
  • 家具や照明のデザイナー
  • 飲食店やセレクトショップのプロデューサー

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
  • 一級建築士受験資格(卒業後2年の実務経験で受験資格)
  • 二級建築士受験資格(卒業時に受験資格)
  • 木造建築士受験資格(卒業時に受験資格)

VOICE

  • 木下 広香さん在学生

    人と自然の関わりをつくる建築士をめざしています。

    福祉の仕事をめざしていた私が、建築士に興味をもったのは高校生のとき。ボランティア活動で車椅子の方の介助をするなかで、建物の段差やスロープに目が行くようになりました。調べていくうちにバリアフリーの設計にも多様な意図や目的があると知り、建築の奥深さに魅了されていきました。建築デザインに求められることは、見た目の格好良さだけでなく、その土地に住む人たちの生活をより豊かにすること。先生のアドバイスで、建物や空間を構想するときは必ずモデルとする場所に赴いて、その土地に住む人たちの暮らしや街の風景を観察するようにしています。現地の空気を肌で感じた経験が、リアリティのある構想につながっていると感じています。いま注目しているのは、自然と共生する建築。長野県で育った私にとって、豊かな自然環境は食生活を支える資源、そして心を癒してくれる存在でした。環境破壊が叫ばれているなか、自然を身近に感じる暮らしの魅力を建築の視点で提案したいと考えています。卒業後は、地元の工務店に設計士として就職が決定しています。自然と人間の共生を考え続けながら、故郷のまちづくりに貢献していきたいです。