図像・文字・コミュニケーションの3要素をみがく

グラフィックデザインコースでは、ビジュアルデザインを構成する3つの要素である「図像」「文字」「コミュニケーション」を深く学ぶプログラムに取り組みます。写真やイラスト、模様といった「図像」を学ぶ授業では、色やかたちがどのように視覚に訴えかけるかについて学修。「文字」の授業では書くことから生まれる書字やタイポグラフィについて、「コミュニケーション」の授業ではアイデアの出し方やターゲットとのコミュニケーションのとり方について、それぞれ理解を深めます。これらの学びとともに、作品を社会に発表する機会を豊富に用意。デザインが人の心や社会を動かすことを実体験から学びとっていきます。

科目PICK UP

  • 色の美しさ、形のおもしろさを、身体を使って理解する。

    [ビジュアルデザイン基礎1/1年]
    デッサンやクロッキー、空間表現や色彩表現などを基礎から学びます。1年間のまとめとして、最後はライブペイントに挑戦。大きな紙に巨大なローラーで色とりどりの線を描きながら、「きれいな色」「おもしろい形」を身体で理解します。

  • 手描きのポスターを5点制作。表現力や構成力を養う。

    [グラフィックデザイン/2年]
    前期は、手描きや版画などの手作業で728cm×1030cmのB1ポスターを5点制作。B1のボリュームやインパクトを体感して学びます。後期は同じサイズのポスターをコンピュータで制作し、手描き作品がもつ熱量をデジタル技術でいかに表現するかを考えます。

  • 自然と向き合い、心のデザインができる力を養う。

    [プロジェクト1/3年]
    京都市北部にある美山で、野生動物の狩猟に挑戦します。自然と向き合い、命について考え、衣食住の基本に立ち返る機会を設けます。モノだけでなく心のデザインができる力や、「本当に良いデザインとは何か」「豊かさとは何か」を考える力を養います。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    ビジュアルデザインの基礎を習得。

    1年次は基礎となる描写力や画面構成力、発想力、表現力をやしないます。またビジュアルデザインを行ううえで必要となるWebや動画、写真、アニメーションなどの制作スキルを身につける授業も数多く実施します。

  2. 2年次

    SECOND

    デザインの構成要素を知り、専門性を高める。

    2年次はデザインの構成要素である図像、文字、コミュニケーションの3つを掘り下げて学び、グラフィックデザインの専門性を深めます。写真や文字で表現する力を修得し、実際に受け手を意識した広告の制作も行います。

  3. 3年次

    THIRD

    デザインで社会とつながり、実践力をやしなう。

    デジタルクリエイションコースの学生とともに、それぞれの専門知識や技術を活かして、社会にデザインを発信するプロジェクトに取り組みます。仲間とともにデザインの力で社会の課題を解決する術を体験的に学びます。

  4. 4年次

    FOURTH

    デザインで新たなコミュニケーションを生み出す。

    グラフィックデザインやタイポグラフィ、ドローイングなど、さまざまなデザイン表現を生み出す力と、社会が抱える諸問題を解決する力。これら4年間で身につけた力の集大成として、卒業制作に取り組みます。

4年間で身につく能力

  • 「図像」と「文字」を活用した表現力
  • アイデアや思考を形にする力
  • 社会的なテーマに目を向け、デザインに反映する力

作品

施設

学年ごとに設けられた実習室は、広々と使い勝手のよいレイアウト。

PICK UP!

  • さまざまな撮影に対応できる写真スタジオを完備。

  • クラフトルームでは、版画設備のほか、木工作品を制作できる機器も設置されています。

卒業後の進路

世界中、どんな場所でもデザインは必要とされます。近年では、制作会社や広告代理店でのデザイナー職はもちろん、服飾やインテリアの分野、アート分野などで活躍する卒業生が増えています。
 

  • デザイン事務所で本や雑誌、Webデザインを手がけるデザイナー
  • 広告代理店のデザイナーやアートディレクター
  • 企業内(インハウス)のプランナー、デザイナー
  • 商業写真のフォトグラファー
  • フリーランスのデザイナー

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。

その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
 

  • 高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 中学校教諭一種免許状 (美術)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 佐藤 真子在学生

    大切なのは、デザインの過程そのもの。

    高校までは油絵を学んでいましたが、北欧デザイン好きの母親に影響を受け、グラフィックデザインに興味を持つようになりました。京都精華大学のグラフィックデザインコースは、完成品だけでなく、デザインの過程そのものも大切にするのが特長だと思います。例えば1年次のとき、テーマにあわせて100個のアイデアを考える課題がありました。アイデア出しのプロセスから訓練を受けた経験は、いまの作品づくりに活きています。おすすめの授業は、3年次後期で履修したコミュニケーションデザイン。実際に活躍されているプロのデザイナーやコピーライター、アートディレクターの方々から直接指導を受けました。広告の面白さに気づいたのは、このときです。授業以外でも『SH AK E A RT!』という芸大生のためのフリーペーパーでアートディレクションを担当したり、学外でアートフェスの企画やデザインに携わってきました。大学内に留まらずにさまざまな人と交流することで、好きなデザイナーに自分から会いに行ったり、作品の売り込みに行ったりと、積極的に行動できるようになりました。卒業後はデザイナーとしてグラフィック、広告と幅広く関わっていきたいです。