映像にしかできない表現で 観た人の心を揺さぶる

映像専攻で取り組むのは、観た人の心を揺り動かすアートとしての映像制作です。この表現を追究するために、アートアニメーション、ショートムービー、メディアアートの3領域を軸としたカリキュラムを用意。学んだことを元に、ミュージックビデオ、CM、映像インスタレーション、プロジェクションマッピングなど多彩な映像制作に取り組むことができます。授業にはアーティストを積極的に招き、最新の技術や方法を習得できます。また「つくること」と同時に「伝えること」も重視。上映会を企画・運営することで社会に向けて発信し、その反応を受け取り、それぞれの映像表現をオリジナリティあるものへみがき上げていくことができます。

科目PICK UP

  • 第一線で活躍する作家から、映像表現の幅広い可能性を学ぶ。

    [造形実習/3年]
    国内外で活躍するアニメーション作家、映像作家、現代美術のアーティストなどをゲスト講師として招き、講義やワークショップを行います。第一線で活躍するプロフェッショナルから話を聞くことで、映像の仕事の内容を理解し、卒業後の自分の姿を思い描き、制作意欲を向上させます。また、新しい表現に挑戦し続ける作家の考えに触れることで、映像の幅広い可能性を知り、自らの作品を進化・発展させるヒントを獲得します。4年次の卒業制作に向けて、柔軟な発想を身につけるための授業。2年次までに培った映像表現の知識と技術をベースに、ここで得た力を加えて、集大成となる作品制作に取り組む準備を整えます。

4年間の学び

  1. 1年次

    FIRST

    表現者の「幹」をつくる

    芸術学部共通のカリキュラムを受講。表現者としての「幹」を鍛え、7専攻の基礎を選択して学ぶことで興味を模索します。

  2. 2年次

    SECOND

    映像制作の基礎技法を習得

    アートとしての表現をめざす「アートアニメーション」と、実写映像をもとにした「ショートムービー」の制作を通して、映像制作の基礎技法を学びます。また、上映方法も探求します。

  3. 3年次

    THIRD

    作品を広く発信する

    より発展的な表現方法を習得するため、撮影から編集までをひとりで行い作品を完成させます。進級制作ではグループでの企画・制作に取り組み、学外へ発信します。

  4. 4年次

    FOURTH

    作家性を追究する

    作家としてのオリジナルの表現を追究します。培った構成力と表現力で卒業制作を完成させます。

4年間で身につく能力

  • アートの視点を持った、映像表現力
  • 作品の意図を伝えるプレゼンテーション力
  • イベントを企画・運営・プロデュースする力

施設

学年を越えて集まれるオープンスペース。ミーティングや上映、ギャラリーとしても使えます。

PICK UP!

  • 映像専攻専用のPCルーム。32台のMacを配備したデジタル編集作業スペースです。

  • スタジオ撮影やメディアアート演習に使用する多目的なスタジオスペース。

  • 暗室化できるスタジオで、パペットアニメや手描きアニメーションを撮影できる環境が配備されています。

教員

非常勤講師

  • 人長果月 / 美術家(担当:造形基礎1・2・3・4(映像))
  • 櫻井篤史 / 映像作家・映像製作事務所ファインダーズ ビューロー代表・映像ギャラリーLumen gallery主宰(担当:造形基礎1・2・3・4、映像基礎2)
  • ナガタタケシ / 映像作家(担当:造形実習1・2・3・4(映像))
  • 米正万也 / アニメーション作家(担当:映像基礎3)
  • オオニシカオリ / アニメーション作家(担当:造形基礎1・2・3・4(映像))
  • 小野ハナ / アニメーション作家(担当:造形実習2 (映像))
  • 中田秀人 / アニメーション作家・ソバットシアター代表(担当:造形基礎1・2・3・4(映像))

卒業後の進路

めざせる職業
テレビ、CMの映像ディレクター / CGデザイナー / メディアアーティスト など
 
主な就職先
Web制作会社 / 映像制作会社 / アニメーション制作会社 / ゲームメーカー など

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。
 
  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員

VOICE

  • 岡澤 侑希さん在学生

    実験映画のパイオニアとして世界をめざす。

    父親の影響で高校生の頃から「実験映画」という映像ジャンルに触れ、映画祭などに足を運ぶうちに、自分でも作品を撮りたいと思うようになりました。憧れの作家が教鞭をとっていたこともあり、その贅沢な環境に惹かれて京都精華大学に入学を決めました。 実験映画とは、同じシーンをループさせるような作品や暗闇を撮り続ける作品など、一般的な起承転結にもとづいたストーリー形式から逸脱した映像のこと。メディアアートなど、芸術作品としての映像を学べるところが、自分にぴったりだと感じています。いま挑戦しているテーマは「無意味」。映像を観る行為そのものを鑑賞者に問いかける、そんな作品をつくりたいと構想しています。一方で、プロジェクションマッピングやミュージックビデオなど、他者に伝えるための映像制作にも授業では取り組みます。脚本や構成、最先端の技術を基礎から学んだことや、学生同士で作品の感想を伝え合う日常が、自分の作品制作の糧になっていると感じています。将来の夢は、アーティストとして多くの人に自分の作品を届けること。ニューヨークの現代美術館で展覧会を催すことを夢見て、制作を続けていきます。