公開講座

光の話 小林エリカ(作家・マンガ家)

これまで、「過去の時間」や「放射能」など目には見えないけれど確実に存在するものをテーマに作品を作り続けてきました。
近年は特に、「光」を切り口に、人間の欲望を描くことに興味を持っています。
科学史や歴史のリサーチをもとに、美しくもあり、恐ろしくもある、「光」のことをお話できたらと思います。

見出しページタイトル背景:小林エリカ《わたしのトーチ》2019 作家蔵 © Erika Kobayashi Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery 撮影:野川かさね 協力:国立新美術館
本ページタイトル背景:「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」展 2019年 国立新美術館展示風景 撮影:中川周

  • 日程

    5月21日(木)

  • 時間

    16:20~17:50

  • 出演・出展者

    小林エリカ

  • 予約

    不要

講師:小林エリカ(作家・マンガ家)

こばやし・えりか●1978 年東京都生まれ。主な著書に小説「トリニティ、トリニティ、トリニティ」、「マダム・キュリーと朝食を」(第27 回三島賞・第151 回芥川賞候補作)(共に集英社)、実父とアンネ・フランクの日記をモチーフにしたノンフィクション「親愛なるキティーたちへ」、”放射能”の科学史を辿るコミック「光の子ども1-3」(共にリトルモア)など。同時に小説に散りばめられたフィクションとドキュメンタリーの要素が、私的なナラティブと社会のリアリティーの狭間で行き来する光景を追体験するようなインスタレーション作品を国内外で発表。近年の主な展覧会に2019 年「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」(国立新美術館)、「His Last Bow」(Yamamoto Keiko Rochaix、ロンドン)など。
 
 

お問い合わせ先 CONTACT

京都精華大学 社会連携センター

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
Fax:075-722-5440
E-mail:garden@kyoto-seika.ac.jp

受付窓口:社会連携センター(京都精華大学 本館2F 研究推進グループ)

SHARE